スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの

2009/07/22 00:42
環境やらを、悪キャラで過去話交えて語ってみる。



【九条姉妹】

姉の鈴は健気でキュウリマンごっこ大好きなアウトドア。
だから零が積極的なコミュニケーションだったのは小さい頃からあるわけで。
恋については本当に初めてだったので、相当ショックではありますが。
妹の冥はビビリ人見知りで姉にべったりのインドア。
しかし姉がいなくて涙目で苛めで不満積もるばかり。
今のところ先輩(明火さんとか闇底さんとか)方に支えられつつ
ちょっとずつ頑張っています。姉ちゃんヤンデレは着実ですけど。

ちなみに彼女らの両親。
父は植物とありますが、既に死んでたりして。
母も多分蒸発していると思われ。
母親はnot暗黒街で大阪出身。


【山門兄弟】

できちゃってました再婚で少々複雑が混ざりつつある家庭。
母親(陸おかん)がちょい暴力的だったので
陸は居心地に馴染めず、海に付きっきり。
父親(海親父)も育児放置プレイ気味だったので、
海は自分が何とかしようと思うようになって
とりあえずガリ勉しつつ弟の面倒を見るようになって。
だから今でもブラコン責任感が保たれてます。

雛芝については…、あえて言うなら
陸は悠子お姉様に対して邪険に感じています。
DVな母親の面影が重なって、かなり憎悪感じてます。
事件で詩織様誘拐したのも、彼のざまぁ思惑。
逆に海は鬼一氏を中心とした小雛芝全体。

そんな復讐方向性の兄弟は一旦お休み状態。


【小町】

近江駒子。not暗黒街出身。実は京都出身。
家庭は本当は設定未定だけど一応兄弟いたらしい。
思春期な頃から子供好きになって、子宝に恵まれて
家庭を持ちたいだの夢見て伴侶を探していた年頃時代。

でも転勤で暗黒街で働く時になり、生まれ故郷を離れる。
彼氏もできて婚約までいこうかなと思っていた矢先、
過去話漫画の出来事でまあ色々と狂っていって…。
何だかんだで旦那様と若様率いる雛芝で落ち着いてます。
若い組員を我が子として愛でる事で、自己満足していたり。

故郷にはここ十数年間連絡無しなんで、心配になった兄弟とか親類が
暗黒街に足を踏み入れたり踏み入れてなかったり。


【舞夢】

おかんとなるものは、ちょいと達人なSM風俗嬢『麻衣』。
性格は舞夢のドSそのもの。男を家畜として愛でたり苛めたり。
しかし妊娠していることを知らず、出産を迎えたおかんとなるもの。
激痛に体力を蝕まれ、とどめは産まれた赤子の姿。
赤子を化け物と見間違えたのか恐怖でショック死。
で、店長が発見。金ヅル商品となる彼女を失って焦った店長は、
生まれた赤子を麻衣代わりとして『舞』と名付けて
彼をおなごとして育てていきました。

物心がつく頃には、商品として働くのと同時に
自分の性別に疑問を感じるようになって
溜まる鬱憤を調教仕事で晴らして過ごす毎日。
店長を父親だのと親しめず、いつも一人籠の中みたいな。
そんな中、店長が舞に伝えます。
「明日の仕事で最後にする」
施設に預けると偽って、人身売買しようと企みました。
まあその当日、鉤辻殴りこみin風俗店により
舞は被害者だと勘違いされて保護+店長もろとも風俗店ぶっ壊しされましたが。

だから彼がああなのは、風俗店の影響とSM嬢の遺伝です。
鉤辻という家庭や家族でとても幸せであります。

…実は親父健在だけどお互い知らないままです。
唯一の肉親同士でも気付かずに会わずじまいだと思います。


【ポチ】

本名はフィルチ・ツンガード。not暗黒街出身inドイツ。
平凡な家庭に生まれた彼は、ごく普通の男の子。
15ぐらいの頃にとある組織の戦闘員として働く。
半月か一年過ぎたある日、テロリストを撃破するも
失敗して拉致られた彼。しかし組織は彼を見放しました。
所謂、一人減ろうと代わりはいくらでもな外道お返事。
見捨てられた事を知らず、テロリストの玩具にされて
ストレスマッハで白髪になりました。元々は金髪だったとか。

組織に相手されなくなって、何か金目欲しいーと思ったテロリストは
売買してみたらとある組織主に買われてしまいました。
相変わらず玩具扱いは変わらずで、更には
玩具は人間じゃない記憶リセットしろ殺すぞみたいな脅しにより
彼の名前もろとも脳内初期化。肉体精神ボロボロマッハ。

後は壊れる=死ぬか捨てられるだろうと思っていたら、
組織主の組織がビアンコファミリーに殴りこみされて壊滅。
その混乱の最中に保護されて即病院。
彼らに感謝の意を込めて、忠誠を誓いたく思った彼。
薬の服用で軽く脳内初期化し、治療が終わると
すぐさま構成員になりたいと申し出て戦闘員に。

自分自身を人ではなく、道具や動物とみていて
見捨てられた事を若干思い出しているのか(は曖昧ですが)
代わりはいくらでもいると思い込んでいます。
自分は捨て駒で、使えなくなれば捨てられて当然排他的思考。

でも悪夢やらICの件で、情を身に付いた事により
生きる希望というか人として芽生えたといいますか…。
本当は交遊求めてる自分がいたと気付いたりして。




何か無駄に長かったり短かったり…。
本当、何を語りたかったんだ^q^
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。