スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いぞん。

2009/06/18 14:36
黄色い悪魔がお姫様を救出したようです。

我慢できませんでした。
詳しいお話は、こーすけさんのブログから!^q^ウフフ






ただ、君を救いたかったの。

決して離れないでほしい気持ちもあって。

…たぶん、余程君に依存しているみたい。



脳天刺されてぶっ倒れた。

腕をはねて口に腕を突っ込んでやった。

真ん中一直線に斬りつけて腹を刺した。

逃げようとした豚の首を取っ捕まえて吊るした。






もう、君を傷付けたものはいないよ。

早くお家に帰ろう。

「…っ……」

君が望むならいくらでも泣き叫んで。

恋しいのならずっと抱き締めてあげる。

優しく頭も撫でて、笑って。



「カナちゃん、とってもえらいよ」

「よくがんばったね。良い子だよ」






王子様にまだなれないけど、
騎士らしく君を護れただろうか。



…僕は、これからも君の傍にいよう。

いつか来る日に、教えてあげる。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。